2020年 9月 19日 (土)

大阪・関西万博のロゴ「どこかでみたような」 キャラメルコーン?ポンデリング?

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   赤い丸がリング状になったデザインに「既視感がある...」。

   2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の公式ロゴマークが20年8月25日に発表されると、ツイッターにはこんな書き込みが。

  • 大阪・関西万博の公式ロゴマークが決定
    大阪・関西万博の公式ロゴマークが決定
  • 大阪・関西万博の公式ロゴマークが決定

「食べたくなってきた」「おいしそう」

   採用されたのはグループ「TEAM INARI」の作品で、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマにした赤色のロゴだ。1970年開催の「大阪万博」のデザイン要素を受け継いだ「細胞」を赤い球体で表現している。

   ロゴが発表されるとたちまちツイッターでは賛否両論が広がっている。「万博のロゴマーク怖すぎんだろ笑」との意見もあるが、「個人的にはめっちゃすき」、「大阪万博のロゴ、生命の輝きくん結構攻めてて私は好きです」と肯定的な意見も多数見受けられる。

   一方で、ロゴを見て「既視感」を覚える人も続出。誰もが「見たことのある何か」に似ているというのだ。

   とくに「どこかで既視感があると思ったらキャラメルコーンの目でした」、「万博のロゴ、どう見てもキャラメルコーンじゃん???」と、東ハト(東京都豊島区)が販売するスナック菓子「キャラメルコーン」のパッケージを想起させるとの書き込みが目立つ。「大阪万博のロゴマーク見たらキャラメルコーン食べたくなってきた」との投稿も。

   ほかにも「ポンデリングみたいでおいしそう...」、「かわいい食べたい!なんかドーナツみたい!」と食べ物を連想する人や、「万博のロゴマークに改造されたチーバくん」、「けもフレのセルリアンっぽい」、「ムックに見えてきた(2025万博ロゴ)」と別のキャラクターを思い浮かべる人も多い。

   一方で、

「シン・ゴジラの肉片だ...」
「ポケモンBW2のポケウッドに出てくる赤い化け物だ...」
「昔のファイナルファンタジー(5くらい)にでてくる赤い岩みたいな体の表面に目がたくさん付いてる敵を思い出した」

など、少し不気味でグロテスクなキャラに例える人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!