2020年 9月 19日 (土)

タイガー・ウッズを苦しめた「すべり症」に東国原英夫も つらい腰痛、その治療法

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「検査の結果は、大方の予想通り、腰椎の『すべり症』らしい。そう言えば、ここのところ、俳句や笑いですべる事が多かった。やはり、連鎖するのかも知れない」

   元宮崎県知事の東国原英夫さんが2020年8月25日、ツイッターでこうつぶやいた。以前から「腰が痛い。連日、整体やマッサージ」とツイートしていたが、「都内大学病院で整形外科(レントゲン・MRI等)での検査」を受け、病状が発覚したようだ。

  • 腰痛がつらい・・・
    腰痛がつらい・・・
  • 腰痛がつらい・・・

ナイナイ矢部、柳原可奈子も公表

   日本整形外科学会のウェブサイトで「すべり症」と調べると「腰椎変性すべり症」と「腰椎分離症・分離すべり症」の2つが見つかる。東国原さんがどちらに該当するかは不明だが、同サイトによると症状は以下の通りだ。

○腰椎変性すべり症
少ない距離なら歩けるが、立ったり・歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなる。少ししゃがんで休めば楽になり、また歩けるようになる。
歩ける距離は日によって違い、患者によっても異なる。腰痛(腰のベルトが当たるあたり)は比較的少なく、全く腰痛がない患者もいる。

○腰椎分離症・分離すべり症
腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合がある。痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなる。腰痛は10~15歳ころから生じるが、青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢痛・しびれが出る。
「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こる。

   これら「すべり症」に苦しめられた著名人は、ほかにもいる。お笑い芸人の柳原可奈子さんは08年4月にブログで公表。お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之さんも18年12月、すべり症だと明かした。米プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手も「すべり症」に苦しめられ、度重なる手術を受けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!