2020年 9月 21日 (月)

名古屋駅チカに最高層タワーマンション 地上42階、市中心部でも自然豊かな暮らしを

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   総合地所(東京都港区)、名鉄不動産(名古屋市)、京阪電鉄不動産(大阪市)などの6社は、JR名古屋駅徒歩13分の場所に分譲タワーマンション「NAGOYA the TOWER」を着工した。

   地上42階地下 1 階建てで、高さ約149.1メートル、総戸数 441戸を予定し、名古屋駅周辺では最高層のタワーマンションとなる。

  • 「NAGOYA the TOWER」外観完成予想図
    「NAGOYA the TOWER」外観完成予想図
  • エントランスホール完成予想図
    エントランスホール完成予想図
  • 「NAGOYA the TOWER」外観完成予想図
  • エントランスホール完成予想図

コンシェルジュサービスや趣の異なる3室のゲストルーム

   2027年以降に予定されているリニア中央新幹線の開業にともない、名古屋駅周辺では様々な再開発が進んでいる。「NAGOYA the TOWER」では、市中心部においての住み心地の良さを追求し、昨今の「職住近接」「都心居住」のニーズに応える名古屋のランドマークを目指す。

   マンションは名古屋の中心にありながら、敷地面積の約7割が空地で、緑や水など自然豊かな空間で「都心のオアシス」を作り出すという。エントランスには大型車も停車できる車寄せの部分を作り、人をあたたかく迎え入れる雰囲気を演出する。

   住人の共用部分には2層吹き抜けのエントランスラウンジや、地下平面駐車場、専用エレベーターを設置する。また、住人や来客へのホスピタリティーに配慮し、コンシェルジュサービスや趣の異なる3室のゲストルームなどの施設を充実させる。

   マンションのデザインは、建築家・光井純氏が監修した。光井氏は発表資料で「外装デザインは、ダイナミックなシルエットを表現し、見る方向により多様な表情を見せるデザインとしています。タワーの頭頂部には、中層階までとは異なるデザインを施し、特別感を与えることで、世界に誇れる名古屋の新しいランドマークが出来上がると確信しています」とコメントを寄せている。

   完成は、2023年4月の予定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!