2020年 12月 1日 (火)

黒マスクは白マスクより暑いのか 気温34度で着用、道を歩いて比べてみたら

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   連日の猛暑でも、外出時にマスクは欠かせない。では、その色には注意を払っているだろうか。ツイッターには「黒マスクは体感暑い気がするから夏は白マスク」、「暑い日に黒マスクは余計に暑いよね」との書き込みがある。

   白と黒のマスク、実際に暑さの感じ方は異なるのか。J-CASTトレンド記者は2020年8月26日、それぞれ着用して外を歩き、暑さの違いを体験した。

  • 白マスクと黒マスクで暑さはどう違う?
    白マスクと黒マスクで暑さはどう違う?
  • 影の無い道はマスクを着けて歩くと数分で汗だくに
    影の無い道はマスクを着けて歩くと数分で汗だくに
  • 白マスクと黒マスクで暑さはどう違う?
  • 影の無い道はマスクを着けて歩くと数分で汗だくに

日陰なし、強い日差しの中で歩くと違いが

   使用した白のマスクは、一般的な不織布の使い捨てマスク。黒のマスクはポリウレタン製で、繰り返し洗って使えるタイプのものだ。どちらも冷感機能はない。

   まず、ビルが立ち並ぶ東京都内の主要駅周辺を、それぞれ10分ずつ着用して歩いた。気温は33度。白マスクで歩いた10分は、時折風が吹いたこともあり、じんわり汗が出てきたくらいだった。ただ、マスク内は蒸し暑い。休憩を挟み、次に黒マスクで歩いた。着けた瞬間ぴたっと顔に密着し、白マスクよりも息苦しさを感じたが、色が違うせいなのかは分からない。

   白と黒のマスクで暑さの違いを感じたのは、日陰の無い歩道を10分ずつ歩いたときだ。この場所の気温は34度で、日差しが強烈だった。まず、黒マスクを着用すると、太陽の熱が顔にじりじりと当たる感覚がした。さらに、汗がマスクに張り付いて、窒息しそうな息苦しさを感じた。一方で白マスクは、じわじわマスク内が蒸れる暑さ。黒マスクのような焼き付ける暑さは感じなかったが、歩き始めて5分もすると、汗が止まらなくなった。

   ただ、太陽を直接浴びながら外を歩き続けるのは、マスクの色に関係なく危険だと感じた。時折マスクを外して水分補給しないと、すぐにぐったりしてしまいそうだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!