2020年 9月 25日 (金)

米カリフォルニアで大規模な山火事 日本でも年間1300件、その原因は

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   米カリフォルニア州で、大規模な山火事が発生している。「NHK NEWS WEB」2020年8月26日付記事によると、東京都の面積の2倍以上にあたるおよそ50万ヘクタールが延焼し、これまでに7人が死亡、建物の被害はおよそ1400棟にも及んでいる。

   日本は地震や台風、豪雨といった「災害大国」だが、山火事も毎年相当な数発生している。

  • 山でもタバコのポイ捨てはやめよう(画像はイメージ)
    山でもタバコのポイ捨てはやめよう(画像はイメージ)
  • 山でもタバコのポイ捨てはやめよう(画像はイメージ)

3年前に釜石で住宅地にまで炎

   林野庁は公式サイト上で、日本の山火事情報を公開している。2014年から18年の5年間で、平均して年に1300件程度の山火事が発生している。1日あたりに換算すると、全国で毎日約3件のペースだ。

   近年、大規模だった山火事には、次のようなものがある。まず、2002年4月に岐阜市で発生した権現山一帯での森林火災。発生から27時間で、約410ヘクタール(東京ドーム約87個分)が延焼した。1160世帯、3613人に避難勧告が出されたが、幸い死者は出なかった。

   東京都三宅村では12年11月に156ヘクタールが延焼し、85世帯に避難勧告が発令された。また、岩手県釜石市で17年5月に発生した山火事では、400ヘクタール以上が焼けた。炎は住宅地にまで広がり、136世帯に避難勧告が出された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!