2021年 6月 17日 (木)

「としまえん」閉園しても残してほしい 回転木馬、フライングパイレーツにプールも

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京・練馬区にある遊園地「としまえん」が、2020年8月31日をもって閉園だ。園内に設置されていたアトラクションのうち5種類は、埼玉県の「西武園ゆうえんち」と横浜市の「八景島シーパラダイス」に移設される予定だとスポーツニッポン(電子版)が2020年8月31日に報じた。

   としまえんのアトラクションは、もちろんほかにも様々ある。ツイッターには「これも残してほしい!」との望みが書き込まれている。

  • としまえん、あのアトラクションも「残してほしい…」
    としまえん、あのアトラクションも「残してほしい…」
  • としまえん、あのアトラクションも「残してほしい…」

1907年ドイツ製「カルーセルエルドラド」は要望多数

   報道によると移設予定のアトラクションは、ブレーキハンドルを操作して運転する電車型ライド「チャレンジトレイン」、ミニチュア機関車「模型列車」、水鉄砲で動物を打つ「スナッピー」、蝶々型の乗り物「バタフライダー」、地上10メートルの高さまで昇って回転する「ミニイーグル」だ。

   これに「移設して残り続けるの嬉しい...」などと、喜びと安堵の声が続出している。一方で、ツイッターにはほかのアトラクション移設の「願望」も書き込まれている。

   中でもひと際リクエストが多いのが、としまえんの象徴だった回転木馬「カルーセルエルドラド」だ。1907年にドイツのミュンヘンで造られ、71年にとしまえんにやってきた。古くから同園のシンボル的存在として多くの人から愛されてきた乗り物だけに、残してほしい、という思いも大きい様子だ。

   ツイッターには、

「カルーセルエルドラドは残してほしい」
「あのメリーゴーランドは残してほしいなぁ?」
「エルドラド、どこかに移設されたら今度は子供を連れて乗りに行きたいな」

と望む投稿があった。

自分がかつて遊んだ思い出と共に

   大型の船がスイングして地上45メートルを急上昇・急降下を繰り返す「フライングパイレーツ」と、スリリングなローラーコースター「サイクロン」も、残してほしいとの意見が多い。

   ツイッターでは「パイレーツも是非どこかひきとって。。」、「フライングパイレーツ大好きでした 移設予定ないみたいなのでとても残念です」、「個人的にはサイクロンも残してほしい」、「わたしが生まれて初めて乗った絶叫のサイクロンも残してほしい」など、自身の思い出を振り返るとともに願う人がいた。

   「プール」に関する投稿も多い。「プールも移設してほしい。あの大きな流れるプールとウォータースライダー、見るだけでワクワクする」、「プールだけでも残してほしいよ」と、こちらも遊びに行った当時の記憶を懐かしむ人が大勢いた。

   中には「グーグルストリートビューみたいなので一部だけでもデータに残してほしいな」と、園全体を何らかのかたちで残してほしいというツイートも見られ、としまえんが多くから愛されていたことがわかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!