2020年 11月 24日 (火)

台風が来る!愛車の避難場所も考えよう 浸水リスクあるなら立体駐車場へ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大型で強い台風9号が沖縄地方に接近中だ。8月が終わり、日本では本格的な台風シーズンに突入する。

   暴風や豪雨による被害から身を守るのは最優先だが、自分の財産も大切だ。そのひとつに、自動車がある。車検や自動車整備の専門チェーン・コバック(愛知県豊田市)のツイッター担当者に取材し、台風時に必要な備えを聞いた。

  • 台風が接近中…愛車をどこに避難させれば?
    台風が接近中…愛車をどこに避難させれば?
  • 台風が接近中…愛車をどこに避難させれば?

自治体が定める「臨時駐車場」の把握を

   まず、屋外に駐車している場合。いかなる環境でも「車の近くに、植木鉢など倒れやすいもの、風で飛ぶ恐れがあるものを置かないようにする」対策が重要だという。車を傷つけるリスクをなくすためだ。

   また、車が浸水する恐れがないかを確認する。駐車している場所の土地が低く、水に浸かる可能性があるなら、前もって近くの立体駐車場に移しておくのが望ましい。コバックの担当者は「自治体によっては商業施設などの立体駐車場を『臨時駐車場』と定め、災害時に開放しているところもあります。事前に調べておき、いざという時に利用できるようにしておくとよいと思います」と説明した。

   「カーポート」つきの駐車場に停めている時は、屋根が風であおられて飛んだり、落下したりしないよう、ロープを使って固定する対策が大切だという。その際、「カーポートが片足か両足か」でやり方が変わる。

・片足
足がついていない方の屋根をロープで結んで下ろし、柱や固定できるところに縛り付ける

・両足
屋根の角と足をそれぞれロープで縛って固定する
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!