2020年 9月 18日 (金)

今年も発生「毒キノコで食中毒」 食用と間違えやすい見た目にはご用心

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   岩手県花巻市で毒キノコによる食中毒が発生した。2020年8月31日、IBC岩手放送が報じたニュースによると、8月27日に50代男性が花巻市の山で採ったという毒キノコ「カエンタケ」を誤食し、28日に食中毒の症状で入院した。

   誤って毒キノコを食べてしまう人の事例は毎年のように報告されている。特に誤食されがちな種類や、間違って毒キノコを食べてしまう理由について、J-CASTトレンドは厚生労働省に取材した。

  • 厚生労働省が掲示している、毒キノコによる食中毒に関する注意喚起(以下、厚生労働省公式サイトより)
    厚生労働省が掲示している、毒キノコによる食中毒に関する注意喚起(以下、厚生労働省公式サイトより)
  • ホンシメジなどの食用キノコと間違われやすいクサウラベニタケ
    ホンシメジなどの食用キノコと間違われやすいクサウラベニタケ
  • 厚生労働省が掲示している、毒キノコによる食中毒に関する注意喚起(以下、厚生労働省公式サイトより)
  • ホンシメジなどの食用キノコと間違われやすいクサウラベニタケ

友人から「食用だ」と渡されて食べたら...

   同省食中毒被害情報管理室の担当者は、「よく誤って食べてしまう人がいる毒キノコについては、代表的なものを厚生労働省公式サイトにて紹介しています」と説明した。

   公式サイト上にある「毒キノコによる食中毒に注意しましょう」の項によると、食用のヒラタケやシイタケと間違えやすい「ツキヨタケ」、ホンシメジやハタケシメジと間違えやすい「クサウラベニタケ」などが例に挙げられている。いずれも、食後30分~1時間程度でおう吐、下痢、腹痛などの中毒症状を引き起こすという毒キノコだ。

「誤って食べてしまう理由としては、やはり食用のものと似ているので間違えてしまったというものが多いです。また、自分で採取しなくても、友人や知り合いから『食用だ』と渡されて食べたところ毒キノコだった、というケースもあります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!