2020年 9月 29日 (火)

発生したばかりで「特別警報級」の台風10号に要注意 「接近前」と「接近後」にやるべき備えをおさらいしよう

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   大型台風が2つ相次いで日本に被害をもたらしそうだ。

   気象庁によると、2020年9月2日午後にはまず台風9号が九州へ接近し、九州各地で大荒れの天気になる様子だ。続けて、週末の9月5日にかけて、今度は非常に勢力の強い台風10号がやってくる。

   近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が頻発しているが、台風にも十分な備えが必要となる。台風への備えについて、「来る前」と「来た後」に分けて、改めて確認しておこう。

  • 台風9号と10号がやってくる(画像はイメージ)
    台風9号と10号がやってくる(画像はイメージ)
  • 台風9号と10号がやってくる(画像はイメージ)

台風接近前に、ガラスのひび割れなどの確認を

   気象庁の発表によると、台風10号は今後発達しながら日本の南を北西へ進み、6日は非常に強い勢力を維持したまま奄美地方から西日本にかなり接近する。特別警報クラスの勢力にまで発達し、広い範囲に甚大な影響を及ぼす恐れがあるとしている。

   日本気象協会が運営するサイト「tenki.jp」では、台風の備えについて接近前と接近後に分けて紹介している

   台風が接近する前にすべきことにはまず、最新の台風情報の確認が挙げられる。インターネットやテレビなどで、大雨や暴風などの警報や、天気予報などをこまめにチェックしよう。次に、家の周りの再点検だ。周囲に強風などで飛ばされる可能性のあるものがあれば、室内にしまうか、しっかり固定するように。

   窓や雨戸の補強も必要だ。台風接近前に、ガラスのひび割れや窓枠のがたつきがないか調べ、窓にテープを貼るなどして補強する。窓ガラスが割れた時のために、カーテン等を閉めておくと良いとのこと。また、床上の浸水対策として、家財や家電などは高所や二階に移動させると良い。漏電や感電防止のためコンセントは抜き、低い位置にあるものは高所に移動させる。さらに、断水に備えて飲料水の確保もしておこう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!