2020年 9月 21日 (月)

ヤマト運輸、制服変更は悪用防止のため? 個人情報聞き出す迷惑メールには「注意」

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   宅配最大手ヤマトホールディングス(東京都中央区)は、2020年9月16日からセールスドライバーや窓口受付スタッフが着用する制服のデザインを変更する。コンセプトは「働きやすさ」と「環境への配慮」だ。

   コーポレートカラーのグリーンを全面的に使用したデザインで、ツイッターでは、「ヤマトさん新しい制服めっちゃいいやん」などと好評だ。

  • ヤマトホールディングスの制服変更の理由は
    ヤマトホールディングスの制服変更の理由は
  • ヤマトホールディングスの制服変更の理由は

機能性、安全性、快適性を一層向上

   話題になっている中で、ツイッターには「制服を定期的に変更するのには、犯罪に利用されるリスクを減らす目的もあるのか」などの書き込みが複数あった。実際はどうなのか。J-CASTトレンドはヤマトホールディングスに制服変更の理由について、取材した。

   すると、同社の広報担当者は、「当社における制服変更は制服悪用による犯罪防止を目的としたものではございません」と回答した。ヤマトの今回の新制服については、ツイッターの投稿にあったような見方を否定した。

   新しい制服は、従来のものと比較して機能性、安全性、快適性を一層向上するとともに、新たなデザインで着用する社員の誇りの醸成や仕事へのモチベーション向上を図るためだという。

   また、制服の変更頻度についても「定期的に変更しているものではありません」とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!