2021年 6月 13日 (日)

4人に1人がマスク「71~100枚」ストック 夏は熱中症怖いが「マスク警察」不安

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

感染予防と熱中症対策の両立「本当に難しい」

   夏用マスクの購入についてはどうか。調査実施の20年8月8日時点では、「すでに購入した」と回答したのは全体で36%だった。「これから購入する」は17.6%。

   夏季のマスク着用での不満や懸念は、熱中症、肌の症状、身体の負担、化粧に関する内容が多く集まった。以下は寄せられたコメントの例だ。

「熱中症が怖いので人がいない所では外したいが、もしもたまたまつけてない所を見られて注意や文句を言われたら怖いなと不安に思う」(40代、女性)
「工事現場で働いていますが、コロナ感染予防をしながらも熱中症対策をしなくてはいけません。先日も1名熱中症で倒れてしまいました。・・・両立が本当に難しいです」(20代以下、男性)
「もともと肌荒れしやすいニキビ肌なのに加え、口元がマスクでこもるのでニキビが増えた。・・・摩擦レスで肌に良いマスクが出て欲しい」(30代、女性)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!