2020年 9月 25日 (金)

ディズニーランド&シー「買い物袋」有料化 エコバッグ持ち込んでもいいけれど

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   東京ディズニーランド・ディズニーシー内の商品販売店で無料提供している買い物袋が、2020年10月1日から有料化する。サイズは2種類で、一律税込20円。ツイッターには「20円なら買うかも」、「デザイン可愛いから欲しい」と購入に前向きな声が見られる。

   一方、有料の買い物袋を購入検討するのは「夢の国」の雰囲気を壊したくないから、という理由も。日常使いのマイバッグやビニール袋を持参したくないというわけだ。さらに「コンビニ袋」については、「持って入るとたまに表に出さない様協力をお願いされる」との意見がある。エコバックではどうなるのか、運営会社のオリエンタルランドに取材した。

  • 有料となる買い物袋のデザインイメージ
    有料となる買い物袋のデザインイメージ
  • 有料となる買い物袋のデザインイメージ

「オリジナルエコバッグ」現在は品切れも再販予定

   オリエンタルランド広報担当者によると、キャリーバッグを除き、「ビニール袋に関わらず、どのような袋も持ち込み可能」だという。そのうえで、

「コンビニ等の袋に関しては、袋そのものではなく、その中身によってはお声掛けさせていただく可能性がございます」

と答えた。コンビニ袋自体を問題視しているわけではないようだ。

   日常使いのマイバッグやビニール袋を持参したくない場合、有料の買い物袋や、7月から販売中のディズニーオリジナルエコバッグを購入する方法が考えられる。パーク内やJR舞浜駅周辺の土産物ショップで購入できるが、広報担当者の説明では、9月7日16時過ぎ時点で欠品中。改めて再販予定とのことだ。「オリジナルエコバッグ以外にも、パーク内でバッグを販売しているので必要に応じて買い求めていただければ」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!