2020年 9月 21日 (月)

製作総指揮・原作・脚本は西野亮廣 「映画えんとつ町のプペル」声優オーディション

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   LINE(東京都新宿区)は、ライブ配信サービス「LINE LIVE」で製作総指揮・原作・脚本を西野亮廣さんが務める「映画えんとつ町のプペル」声優オーディションを開催する。2020年9月5日、事前エントリーを開始した。

   「映画えんとつ町のプペル」(2020年12月公開)は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんによる大ヒット絵本をアニメ映画化した作品。

  • 「映画えんとつ町のプペル」で声優デビューのチャンス
    「映画えんとつ町のプペル」で声優デビューのチャンス
  • 「映画えんとつ町のプペル」で声優デビューのチャンス

オーディションの様子は「LINE LIVE」アプリで確認

   「LINE LIVE」で同映画の声優オーディションを開催。オーディションで応援アイテム1位を獲得した男女各1人は、同映画に声優として出演できる。男性は「煙突掃除屋」、女性は「アントニオの母」を担当。エンドクレジットにも名前が掲載される。

   今中高生がなりたい人気の職業のひとつだという"声優"や"役者"を目指している人はもちろん、「声に自信がある」「アニメが大好き」など、声優という職業や作品への熱い思いを持った人を募集しているという。オーディションの様子は「LINE LIVE」アプリで確認できる。

   男女別にLINE公式アカウントを友だち追加し、返信されたトークをもとに必要事項を記入して送信すれば、エントリーが完了する。その後、20年9月11日23時59分までにLINE公式アカウントから連絡が届くという。

   参加資格は、エントリー時点で18歳以上であることと、20年10月から11月に都内で実施予定のアフレコに必ず参加できること。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!