2020年 9月 18日 (金)

会社で日本各地のお菓子が食べられる NEXCO中日本「オフィスのサービスエリア」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   会社にいながら、高速道路のサービスエリアで販売されているお菓子が食べられる。

   中部地方の高速道路の管理やサービスエリア(SA)の運営を行うNEXCO中日本(本社・名古屋市)が手掛ける「オフィスのサービスエリア」だ。一体どんなものか、取材した。

  • NEXCO中日本が手掛ける「オフィスのサービスエリア」(画像はNEXCO中日本の提供)
    NEXCO中日本が手掛ける「オフィスのサービスエリア」(画像はNEXCO中日本の提供)
  • NEXCO中日本が手掛ける「オフィスのサービスエリア」(画像はNEXCO中日本の提供)

東京・新橋の企業100社超が導入

   「オフィスのサービスエリア」は、首都圏の企業オフィス内に菓子ボックスを設置する「置き菓子」のサービスで、2017年春にスタートした。サービス拠点を東京・新橋に構えており、現在は新橋から徒歩圏内の範囲で提供している。導入している企業の数は100社を超えている。

「サービスエリアで各地のお菓子は取り扱っていますが、まだ知られていない地域のお菓子はたくさんあり、人気のご当地お菓子でもっとハッピーな世界を作れないかと開始しました」

   取材に応じたNEXCO中日本の広報担当者は、こう話した。都内のオフィスで販売することで、地域に根差した菓子メーカーの販路拡大や、地域の認知向上を目指している。

   SAで実際に扱う菓子だけでなく、特定の地域でのみ販売している商品も。例えば静岡の「うなぎパイ」や青森の「南部せんべい」、新潟の「網代焼」などだ。価格はどれも100円~300円程度で、手軽に買える。

「東京の方に地域の魅力が伝わるようなお菓子を日々探しており、定期的に新商品を販売できるようにしています」。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!