2020年 9月 21日 (月)

ツイートしたら100万円の車が売れた 普通の投稿が買い手の心をつかんだ決め手

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「Twitter効果で車が売れた」。車検や自動車販売、カー用品販売などを手がけるキムラユニティー(名古屋市)のツイッターアカウント「キムラユニティーグループ@SNS担当」が2020年9月10日、投稿で喜びを爆発させた。

   同社の運用担当者はJ-CASTトレンドの取材に、「10月で運用歴4年になりますが、こんなケースは初めて。青天のへきれきだった」と語った。普段通りのツイートが100万円を超える大きな商売につながった背景を、詳しく聞いた。

  • 店舗外観(提供:キムラユニティー)
    店舗外観(提供:キムラユニティー)
  • 店舗外観(提供:キムラユニティー)

ツイッターの目的「まずは社名を知ってもらう」

   発端は9月9日、毎日昼頃行っている宣伝ツイートだ。いつもの作業で、一人のフォロワーが店舗へ足を運び、車を購入するという成果につながった。

「まさに急展開で、何が起きたかわかりませんでした(笑)。9月9日に投稿したツイートを、あるフォロワーが引用RTで取り上げ、新車・中古車検討について質問してくれたので、こちらも引用RTやリプライで事実をそのまま返答し、気軽に相談しにきてほしいと伝えたんです」

   担当者は経緯をこう説明した。今回、車を購入したフォロワーは「これまでにお取り引きのない方」。同アカウントがことし7~8月にかけて「岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami」の公式ツイッターアカウントとコラボキャンペーンしたことがきっかけで「新たにフォローしてくれた人ではないか」と見ている。

「こうした成功例が今後増えていってくれれば嬉しいですが(笑)、額が額ですので、どうしても高い買い物になる。ツイッターですぐに利益面の成果が出るわけではありません」

   担当者はこう前置きしたうえで、続けた。

「運用の主目的は『社名を知ってもらうこと』です。必要な時に『こんなところあったな』と候補の一つとして思い出してもらうとともに、実際の購買行動につなげる後押しを、これからもコツコツしていきたいです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!