2020年 10月 31日 (土)

今年のハロウィーン、女子大生は「マスク仮装」 USJは「マスクコスプレ選手権」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   10月31日は「ハロウィーン」。しかし、今年は新型コロナウイルスの流行で、密になるリアルイベントの開催は難しそうだ。

   そんな中、ツイッターやインスタグラムを見てみると、若い女性を中心にマスクにシールやペンなどでデコレーションを施し、仮装を楽しむ写真が確認できる。

  • KIRINZが実施した「ハロウィーンイベント」に関するアンケート調査より(左から、KIRINZ所属アイドルの鈴宮りなさん、天野麻里さん)
    KIRINZが実施した「ハロウィーンイベント」に関するアンケート調査より(左から、KIRINZ所属アイドルの鈴宮りなさん、天野麻里さん)
  • KIRINZが実施した「ハロウィーンイベント」に関するアンケート調査より(左から、KIRINZ所属アイドルの鈴宮りなさん、天野麻里さん)

「今年のハロウィーンはマスク仮装で楽しみたいな」

   女子大生マーケティングを行うKIRINZ(東京都港区)が実施した全国の女子大学生500人を対象にした、ハロウィーンイベントに関するアンケート調査。20年10月2日に結果が公表された。

   今年、ハロウィーンイベントの参加を予定している女子大生は全体のうち9%ほど。91%の女子大生が「予定無し」または「分からない」と回答した。また、「これはくる!と思う今年のハロウィーンの流行は?」との質問に対しては、「マスク仮装」(53人)が最多だった。「おうちでハロウィーン」(50人)、「オンラインハロウィーン」(48人)と続き、いずれも新型コロナを踏まえたワードとなっている。

「今年のハロウィーンはマスク仮装で楽しみたいな」
「マスクで仮装 先取りハロウィーン」

   ツイッターやインスタグラムには、コロナ禍でもマスクをアレンジして仮装し、ハロウィーンを楽しむ予定だという人が散見される。すでに実際にマスク仮装をしている人も複数いて、マスクでネコに化けたり、「ドラえもん」の鼻のイラストを描いたり、ゾンビの血まみれの口をデザインしたりと様々だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!