2020年 11月 29日 (日)

スマートスピーカー「Google Nest Audio」 音響面を強化

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   グーグルは、スマートスピーカー「Google Nest Audio」を、2020年10月15日に「Googleストア」および全国の家電量販店などで発売する。

  • 従来モデルよりさらに音質を重視
    従来モデルよりさらに音質を重視
  • 従来モデルよりさらに音質を重視

ソースや環境に応じて音質を調整

   部屋になじむスリムな筐体デザインに19ミリ・ツイーターと75ミリ・ミッドウーファーを搭載。チューニングに500時間以上をかけ、低・中・高音域のバランスのとれた豊かでクリアな音質を実現。既発の「Google Home」より音量が大きくなり低音も増強するなど、自宅でより音楽が楽しめるという。

   音楽やポッドキャスト、オーディオブックなどのソースに応じて自動的にイコライザー調整を行う「Media EQ」、室内の環境音に基づいて音量を調整する「Ambient IQ」などの機能を搭載する。

   「Google Home」や「Google Nest Mini」、「Google Nest Hub」などとも連携。また本機2台をステレオペアとして接続可能。

   高感度マイク×3を内蔵し、音声アシスタント「Googleアシスタント」に対応。日々のタスク管理やエンターテインメントを楽しめるほか、スマートホーム機器の音声操作ができる。

   IEEE802.11b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。「Chromecast built-in」対応。電源アダプターが付属する。

   カラーはChalk、Charcoalの2色。

   価格は1万1550円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!