2020年 10月 22日 (木)

ファミリーマート「グリルチキン」内容量に差? ツイッターで「倍近く違う」と指摘

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   コンビニエンスストア・ファミリーマートで販売されている「グリルチキン」が、ツイッター上で話題になっている。同じ商品で、内容量に差がある場合があったというのだ。

   ファミリーマートに事実確認すると、その答えは...。

  • ファミリーマートの「グリルチキン」、内容量に差がある?
    ファミリーマートの「グリルチキン」、内容量に差がある?
  • ファミリーマートの「グリルチキン」、内容量に差がある?

一方は131グラム、もう一方は70グラム

   「グリルチキン」は、ファミリーマート総菜「お母さん食堂」シリーズから販売されている商品で、鶏ムネ肉を加工し味付けをしている。「やきとり風味」や「ブラックペッパー」など様々な種類があり、手軽さとヘルシーさが特徴だ。

   あるユーザーがツイッター上に2つの「グリルチキン」の重さを測定した写真を投稿。すると、一方は131グラム、もう一方は70グラムだった。事実であれば同じ商品で60グラムの差があることになる。ユーザーは「同じ商品で2倍近く内容量違う」と指摘した。

   この投稿に対し「なんかモヤモヤする」、「つまりデカいやつを意識的に選んでいけばお得ってことじゃないですか!」、「やっぱり重さ違いますよね?どう考えても形が違い過ぎると思ってた」など様々な反応が寄せられている。

   記者が商品を購入したところパッケージの裏面には、いずれの種類も内容量は80グラムとの記載があった。一方、内容量の違いは確認できなかった。

   J-CASTトレンドが20年10月12日午前にファミリーマートに事実を確認したところ、「現在、詳細を確認中です」との答え。さらに詳細を聞くため2、3質問したが、「現在、確認中です」の一点張りだった。

   ただ、ツイッター上でグリルチキンの内容量をめぐって話題になっている点については「把握しております」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!