2020年 11月 24日 (火)

硬いバターでも簡単計量 大さじ1杯分にカットできるカッター

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   KOKUBO(小久保工業所、和歌山県海南市)は、「大さじ1杯バターカッター」を2020年10月20日に発売する。

  • 小さじ1杯のカットにも対応
    小さじ1杯のカットにも対応
  • 小さじ1杯のカットにも対応

バターの端に合わせて押し切るだけ

   固形バターを大さじ1杯分(約12グラム)にカットできるプラスチック製のカッター。市販の200グラムの固形バターに使用できる。トーストやパンケーキ用にひとかけらを取り分けたり、料理や菓子のレシピによく登場する「バター大さじ1」を計量したりするのに便利だという。

   バターの端にカッターを合わせ、上から真っ直ぐ押すだけで切れる。刃が当たる部分はバター大さじ1杯分のサイズ。硬いバターを切れるよう刃先は薄く、柄はしっかり握れるようスクエア状になっている。また、カッター上の線にバターの端を合わせれば、小さじ1杯分(約4グラム)に切り分けることも可能だ。

   シンプルな設計を採用しているため、必要な分だけバターをカットして残りは塊のまま保存したり、あらかじめ全量を16等分したりと、使用者の好みに応じてバターの保存形態を変えられる。

   参考価格は165円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!