2020年 10月 22日 (木)

女子高生に「生足」のホンネ聞きました おしゃれのため、でも冬は寒くて...

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   北海道の女子高生は10人に1人が、マイナス3.6度の寒さの中「生足」で過ごしている。

   レッグウェア製造卸販売・岡本(大阪市西区)が北海道、東京、大阪、広島、福岡、沖縄(宮崎、鹿児島含む)の747人の女子高生を対象に行った、「生足(タイツやストッキングを履いていない状態)」実態調査で明らかになった。2020年10月15日に公表された結果内容には、「生足」で体調を崩した経験がある人の声も含まれている。

  • 女子高校生エリア別「冬の生足実態調査」
    女子高校生エリア別「冬の生足実態調査」
  • 制服着用時、生足で過ごす季節を教えてください(複数回答)
    制服着用時、生足で過ごす季節を教えてください(複数回答)
  • 冬でも生足であることの理由(「冬でも生足」と答えた人/複数回答)
    冬でも生足であることの理由(「冬でも生足」と答えた人/複数回答)
  • 下半身に冷えを感じるか(「冬でも生足」と答えた人)
    下半身に冷えを感じるか(「冬でも生足」と答えた人)
  • 「生足」が原因で体調を崩したことはあるか。
    「生足」が原因で体調を崩したことはあるか。
  • 女子高校生エリア別「冬の生足実態調査」
  • 制服着用時、生足で過ごす季節を教えてください(複数回答)
  • 冬でも生足であることの理由(「冬でも生足」と答えた人/複数回答)
  • 下半身に冷えを感じるか(「冬でも生足」と答えた人)
  • 「生足」が原因で体調を崩したことはあるか。

「ストッキングやタイツの着用が嫌」「友達みんな生足」

   制服着用時、「生足」で過ごす季節を聞いた質問(複数回答)。全体で見ると、春~秋は「生足で過ごす」がそれぞれ7割以上に上る。「冬」でも生足の割合は39.6%で、エリア別トップ3は広島(55.4%)、東京(51.0%)沖縄(44.8%)だ。最下位の北海道は10.3%。同社の発表資料によると、北海道の1月の平均気温はマイナス3.6度にも及ぶが、10人に1人が厳しい寒さの中でも生足を貫いていることになる。

   「冬でも生足」だと答えた296人に、理由を尋ねた(複数回答)。多かったのは「ストッキングやタイツの着用が嫌だから(39.9%)」、「友達がみんな生足だから(35.5%)」、「生足がかわいいから(31.4%)」。おしゃれを意識して「生足」でいる人も多い。ただ、不満もあるようだ。同じ296人に「下半身に冷えを感じるか」質問すると、「とても感じる」、「まあ感じる」と答えた人は計84.1%に上った。

   「生足」が原因で、風邪をひいたり、足腰が痛くなったりするなど体調を崩した経験がある人もわずかだが、いる。全747人を対象に調査すると、「よくある」、「ときどき・たまにある」人は25.1%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!