2021年 1月 23日 (土)

京都河原町「浄教寺」と一体型のホテル 寺の趣を感じる落ち着きの空間

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

宿泊者限定で「朝のおつとめ体験」

   寺との一体型ホテルならではのイベントも。宿泊者限定で朝6時50分から、隣接する本堂で「朝のおつとめ体験」ができる。この日、早朝にも関わらず男女約20人が参加しており驚いた。厳かな雰囲気の中、住職の読経が始まると参加者は順に焼香。読経後は住職が参加者の無病息災や、先祖の供養を祈願し終了。記者も、不思議と清らかな気持ちになった。

   住職の光山公毅氏は取材に対し、おつとめでは新型コロナウイルスの終息も祈念していると話した。「(コロナの情報に)過敏になりすぎず、いつか必ず終わると思いながら過ごしてほしい」と、アドバイスをくれた。

   おつとめ体験の後はホテル内のレストランでこだわりの「朝食」が楽しめる。メインは3種類から選べ、記者は「天ぷらと鯛茶づけ」をチョイス。コメは京都丹波産のコシヒカリを使用。そのほか生麩やだし巻き、焼き魚、京漬物など、京都の味覚を存分に味わえる。どれも優しい味わいで、色鮮やかな配膳と十分すぎるボリュームに大満足の内容だ。

   こちらは福岡県のディー・ディー・カンパニーが運営するレストラン「僧伽小野京都浄教寺」で、宿泊者でなくても利用できる。昼食と夕食にはまた違ったメニューが提供されているとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!