2020年 11月 27日 (金)

楽譜と校訂者と国境閉鎖と(前編)

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   先週、ショパンの作品を取り上げるにあたって、持っている楽譜をいろいろ取り出してみました。楽譜に忠実な演奏が求められるクラシック音楽ですが、オリジナルの楽譜、という定義は実は非常に難しく、例えば、ショパンは「原典」と呼ばれる楽譜が複数存在する、ということは以前にとりあげました。これは、ロシアの傀儡国家となった祖国ポーランドに戻ることをよしとせず、あえて、フランスの地に亡命者として留まることを選択したショパンならではの事情で、国境を超えていろいろな出版社に、異なるタイミングで「手を加えたオリジナル楽譜」を売った結果、微妙に異なる手稿譜がいくつか存在する事態となったものでした。

  • デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
    デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
  • デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
    デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
  • デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
    デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
  • デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
  • デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版
  • デュラン社より発売されている、ドビュッシー校訂のショパンの楽譜。紙質がお世辞にも良いとは言えなかった水色の旧版と、2005年に装丁も新たに紙質も改善されて発売された新装版

同じ曲でも校訂者が違う楽譜を複数所有

   実はそれ以外にも、「同じ曲に少し異なる複数の楽譜が存在する」という事情がクラシック音楽にはあります。それは、校訂者による違い、という問題です。

   ピアノの楽譜に限っていうと、校訂者は、作曲家が書き入れなかった「どの音をどの指で弾くか」という運指指示、そして、「どこでペダルを使うか」というペダリング指示を補完して書き込んだりします。それ以外にも、ショパンのように複数の原典版が存在する場合は、「果たしてショパンの真意はどこにあるか」という意図を残された複数の手稿譜などから推理して、場合によっては音の強弱を表す言葉や記号、音をつなげる指示であるスラーなど、細部のディティールに至るまで、取捨選択し、決断し、印刷された販売用楽譜に反映する作業を行うのです。

   そのため、プロの演奏家は、同じ曲でも校訂者が違う(当然出版社も違います)楽譜を複数所有して比較検討することが多くなっています。古い時代の音楽を再現するには、異なる校訂者の目を通して見た「原典譜」を揃える必要性が感じられるからです。

   ショパンの楽譜でいうと、同じポーランドのピアニストで政治家でもあった、イグナツ・ヤン・パデレフスキが校訂した「パデレフスキ版」、フランスのピアニスト、アルフレッド・コルトーが校訂した「コルトー版」、そして、現代になってポーランドのピアニストが再び原典を研究した「ナショナル・エディション、エキエル版」などが有名です。一方、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューマン、ブラームスといったドイツ系作曲家の楽譜では大変信頼があり、定番となっているミュンヘンの出版社、ヘンレ社の楽譜は、なぜかショパンに関してはあまり人気がありません。もちろん、版権の切れているショパン作品ですから、日本人の校訂による、日本の出版社のエディションも、たくさん存在します。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!