2020年 12月 6日 (日)

「渋谷でハロウィーン」新型コロナも関係ねえ 自粛ムードに逆らう人たち

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   今では一大行事となった「ハロウィーン」。ここ数年、とくに東京・渋谷では、当日や前後の週末に派手な仮装した人が大勢詰めかけ、大きな騒ぎになっている。

   ただ、2020年は新型コロナウイルスの影響から大人数が密集するイベントは自粛傾向にある。それでもツイッターには、今年もいそいそと渋谷に出かける準備をする人の様子があった。

  • バーチャルイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」
    バーチャルイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」
  • バーチャルイベント「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」

注意をしても飛び込み、飛び跳ね、人が密集

   酒を飲んで騒いだり、ゴミが大量に放置されたり、けんかが起きたりと、渋谷のハロウィーンでは毎年、マナーが問題視されている。人であふれかえり、一歩間違えばケガする危険もある。

   こうした大人数が集まる「お祭り騒ぎ」があると、注意を受けても従わない人はいる。

   2019年のハロウィーンでは、酒に酔った若者らが次々と大阪・道頓堀川に飛び込んだ。大阪市によると、大阪府南警察署と連携を取り、現地での張り紙や大阪市のホームページで注意喚起を行っていたにもかかわらずだ。

   また、18年のサッカーワールドカップ(W杯)で日本代表が活躍した際には、大阪の戎橋にファンが大勢集まりジャンプしたため、橋が波打つように揺れ、危険な状態に。現地に「飛び跳ねないで」という注意喚起のパネルが設置されたほどだった。この時は渋谷にも大勢の「サポーター」が集まり、現場は大混雑で、転倒者が相次いだ。警視庁が注意を呼びかけていたが、なかなか収まらなかった。

   そして今年、コロナ禍でのハロウィーンだ。ツイッターに「今年は渋ハロには行かない」との書き込みが多くある。しかし、それでも、

「今年も意味もなく渋谷ハロウィーン行くか」
「ハロウィーン渋谷行こうかな。伊之助のコスプレして行こう」
「友達がハロウィーン柔道着着て渋谷行こうとか言い出してて今年のハロウィーンはめっちゃ楽しみ」

との投稿が見つかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!