2020年 11月 25日 (水)

ロボット掃除機の不安を払拭 掃除完遂性能を高めたモデル

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   パナソニックは、ロボット掃除機「RULO(ルーロ) MC-RSF700」「MC-RSF600」2モデルを2020年10月30日に発売する。従来モデルから掃除完遂性能を高め、ロボット掃除機の「きちんと掃除できているか」という不安を払拭するという。

  • きちんと丁寧に、より正確に掃除する新「RULO」
    きちんと丁寧に、より正確に掃除する新「RULO」
  • きちんと丁寧に、より正確に掃除する新「RULO」

人について行く「otomo」機能

   いずれも、360度全方位の空間を素早く正確に認識し学習する空間認識技術「レーザーSLAM」を搭載。精度の高い地図構築と自己位置の認識が可能で、掃除エリアを効率的に分割しラウンド&ルート走行により丁寧に掃除する。

   スマートフォン専用アプリ「RULOナビ」に「リアルタイムマップ」を新搭載。レーザーSLAM搭載による正確な間取りと自己位置、走行軌跡を掃除中にリアルタイムに表示できる。どのように走行したか、今どこを走行しているかが外出先でも確認可能。終了後は「ゴミマップ」で掃除時間やゴミの分布などの結果が見られる。

   上位モデル「MC-RSF700」は360度レーザー、赤外線、超音波の3つのセンサーを搭載。人の足の動きを認識し、一定距離を保ちながらついて行く「otomo(おとも)」機能を備え、スマートフォンで指示することなく簡単に任意の場所を掃除させられる。

   そのほか「MC-RSF700」の主な仕様は、約5時間の充電で最大120畳の稼働が可能。サイドブラシ×2本を装備する。カラーはシャンパンゴールド、ブラックの2色。

   超音波センサー非搭載の「MC-RSF600」は、約3時間の充電で稼働面積は最大約50畳。サイドブラシ×1本を備える。カラーはホワイト。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!