2020年 11月 27日 (金)

「新しい生活様式」の中で清潔・快適・省エネ性を提供するルームエアコン

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   三菱電機は、ルームエアコン「霧ヶ峰」から、「FZシリーズ」「Zシリーズ」計18モデルを2020年10月30日から順次発売する。いずれも、「新しい生活様式」の実践により室内で過ごす時間が増加する中、ユーザーの求める空気の清潔性と快適性、省エネ性を提供するという。

  • 「おうち時間」がより清潔&快適に
    「おうち時間」がより清潔&快適に
  • 「おうち時間」がより清潔&快適に

自動で省エネ運転

   帯電させた水の微粒子「ピュアミスト」が、室内の空気中に含まれる菌やウイルス、花粉の活動を抑制。空気清浄と脱臭により清潔な室内環境を維持。無駄の少ない換気のタイミングをAI(人工知能)が判断して通知する「換気ガイド」機能を搭載する。

   内部のファンやフラップには、「防カビSIAAマーク」を取得したという独自の清潔技術「ハイブリッドナノコーティング」と「デュアルバリアマテリアル」を施したほか、エアフィルターもウイルスを抑制する「清潔Vフィルター」を新搭載。風の通り道すべてを清潔に保てる。

   AI技術と赤外線センサーを組み合わせた「ムーブアイmirA.I.+(ミライプラス)」が、住宅の性能や外気温の影響を学習・分析し、室内の温/湿度の変化を先読みして自動で運転切り替えを行う。

   停止しても快適性を維持できるとAIが判断すれば運転を自動でオフ(スタンバイ)し、また運転が必要と判断すれば自動でオンにする、快適性と省エネ性を両立する機能を業界初搭載したという。

   スマートフォン専用アプリ「霧ヶ峰REMOTE」には、画面上の熱画像を確認しながら、気流を届けたい場所をタッチすることで方向を調整できる「タッチ気流」機能を備える。

   左右独立駆動プロペラファン方式採用の「FZシリーズ」は、いずれも単相200ボルト、適用畳数が主に14畳/18畳/20畳/23畳/26畳/29畳の6モデル。

   クロスフロー(ラインフロー)ファン方式の「Zシリーズ」は12月上旬発売。単相100ボルトモデルが主に6畳/8畳/10畳/12畳の4モデル、単相200ボルトモデルが10畳/12畳/14畳/18畳/20畳/23畳/26畳/29畳の8モデル。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!