2020年 11月 27日 (金)

メガネ不要、高精細な3DCG映像が見られる ソニーの空間再現ディスプレー

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   ソニーは、15.6型の空間再現(SR)ディスプレー「ELF-SR1」を2020年10月31日に発売する。

   高い精細感により、あたかもその場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現でき、特別なメガネやヘッドセットなどは不要、裸眼で高精細の3DCG映像が見られる。

  • 立体的にデザインを確認・共有可能
    立体的にデザインを確認・共有可能
  • 立体的にデザインを確認・共有可能

実際に空間や物体がそこにあるように

   高速ビジョンセンサーと視線認識技術により、見る人の目の位置を常に正しく検出。水平/垂直方向に加え奥行き方向に関しても左右の目それぞれの位置をリアルタイムに把握。それをもとにディスプレーパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成し、実際に空間や物体がそこにあるように感じられるという。

   制作物の奥行き感や質感、たたずまいなどをリアルに確認でき、見る角度に関わらず視点の変化に合わせた映像が見られ、被写体が動いていても立体的に見える映像に遅延やズレはほとんどない。

   ゲームやCGクリエイター、建築家や自動車デザイナーなど、様々な制作者のコンテンツ表現の幅を広げ、立体的なデザインの確認や共有を実現。そのほかショールームや美術館などでのディスプレー展示や、店舗などでの立体サイネージなどにおいて、これまでにない映像表現を可能にするとのことだ。

   また、本機向けのコンテンツ制作が容易に行える専用SDK(ソフトウェア・デベロップメント・キット)を開発者向けサイトで無償提供。インタラクティブなアプリ開発ツール「Unity」と「Unreal Engine 4」に対応し、既存の3Dコンテンツを本機に表示できる。

   市場想定価格は50万円前後(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!