2020年 11月 27日 (金)

「年末年始17連休」実現したら生活破たん 一挙に続けず分散休暇を望む声

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   2020年の年末年始はひょっとすると最大17連休に? こうした報道に、ツイッターでは賛否が出ている。職業によっては、休みが長期間続くとその分仕事にしわ寄せがくるためだ。

   報道によると政府は、20年12月26日~21年1月11日まで延長し最大「17連休」とするよう経済界に要請する考えだとした。その後、西村康稔経済再生担当相が否定したものの、火種はインターネット上でくすぶっているようだ。

  • 今年の正月は最大17連休に?
    今年の正月は最大17連休に?
  • 今年の正月は最大17連休に?

大型連休だと超激務な人、休業だと「生きられない」人

   ツイッターには「17連休してもらえるならしてほしいよ」、「普通に17連休嬉しいけどな」と歓迎する声がある。一方で、

「勘弁して。うちは仕事だし棚卸しの日程も決まってる。売上利益より作業のデメリットが多過ぎ」
「そんなの製造業や公務員とかの人達はいいけど、サービス業には地獄の日々が続くじゃん......」
「時給で生きてるので、17連休になったら生きれないのです」

と、困惑する書き込みもずらりと並ぶ。記者が投稿を見る限りでは、「17連休はイヤ」という人の方が多い。仕事内容や雇用形態によっては、休みが続くと暮らしに影響するというのだ。

   「17連休を分散させて週休4日にしたい」との提案もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!