2020年 11月 27日 (金)

モトローラの新作SIMフリースマホ「moto g9 play」 カメラなどエンタメ機能を強化

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォン「moto g9 play」「moto g PRO」2モデルを2020年10月30日に発売する。

  • 手にしやすい価格はそのまま、デザイン性とエンタメ機能を強化
    手にしやすい価格はそのまま、デザイン性とエンタメ機能を強化
  • 手にしやすい価格はそのまま、デザイン性とエンタメ機能を強化

「Android One」対応のビジネス向けモデル「moto g PRO」も同時発売

   「moto g」シリーズ第9世代で、手にしやすい価格はそのままに、洗練され、飽きのこないデザインとカメラ機能などのエンタテインメントを強化したという。

   「moto g9 play」は、縦横比20:9の6.5型HD+(1600×720ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSDカード(最大512GB)対応。

   4800万画素メインカメラ、200万画素マクロカメラ、200万画素深度センサーカメラの3眼カメラを背面に装備。AI(人工知能)によりシーンに応じて撮影モードや設定を自動で最適化して静止画/動画の撮影が可能。

   OSは「Android 10」をプレインストール。1回の充電で約2日以上駆動するという容量5000mAhバッテリーを内蔵。背面に指紋認証センサーを備える。nanoSIMスロット×2を備え、2つの電話番号が使える「デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)」に対応する。

   カラーはサファイアブルー、フォレストグリーンの2色。

   「Motoストア」での直販価格は2万4800円(税込)。

   また、ビジネス向けの「moto g PRO」も同時発売。2世代のOSアップデートと2年間のセキュリティアップデートを保証するという「Android One」端末。縦横比19:9の6.4型フルHD+(2300×1080ドット)IPS液晶ディスプレイを搭載。本体に収納できるスタイラスペンが付属。指でタッチするより繊細な操作が可能になる。

   OSは「Android 10」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは128GB。microSDカード(最大512GB)対応。背面に4800万画素メイン、1600万画素広角、200万画素マクロの3眼カメラ、前面に1600万画素カメラを装備する。バッテリー容量は4000mAh。DSDVに対応する。

   カラーはミスティックインディゴ。

   直販価格は3万5800円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!