2020年 12月 1日 (火)

大太鼓を叩いてストレス&運動不足を解消 運動苦手でも楽しい和太鼓体験

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   スポーツの秋に、リズムに乗って楽しく体を動かせる「和太鼓」にトライしては。

   太鼓センター(京都市下京区)が運営する和太鼓スクール「TAIKO-LAB」が、2020年10月から実施しているプログラム「1DAY和太鼓」を、運動が苦手な記者が体験した。

  • 本格的な大太鼓にも挑戦できるプログラム「1DAY和太鼓」を体験
    本格的な大太鼓にも挑戦できるプログラム「1DAY和太鼓」を体験
  • まずは講師と一緒にしっかりストレッチ
    まずは講師と一緒にしっかりストレッチ
  • バチを持って早速大太鼓の前へ
    バチを持って早速大太鼓の前へ
  • 講師のリズムに合わせて太鼓を叩く
    講師のリズムに合わせて太鼓を叩く
  • 憧れの「大太鼓」に気軽に触れられた
    憧れの「大太鼓」に気軽に触れられた
  • 本格的な大太鼓にも挑戦できるプログラム「1DAY和太鼓」を体験
  • まずは講師と一緒にしっかりストレッチ
  • バチを持って早速大太鼓の前へ
  • 講師のリズムに合わせて太鼓を叩く
  • 憧れの「大太鼓」に気軽に触れられた

数分で汗がにじみ意外とハード

   「1DAY和太鼓」は、1回ごとに好みのプログラムを選んで利用できる。定期的に通うレッスンとは異なり、気軽に太鼓に触れられる。早朝から叩く「朝活」の回や、基礎が学べる回など種類は様々で、ほぼ毎日開催している。記者は今回、東京・青山店で本格的な大太鼓に挑戦するプログラムに参加した。

   講師は、和太鼓グループ「無限」に所属するプロの和太鼓奏者・古里祐一郎さん。この日は記者の他に6人の女性が参加した。最初に、全員でストレッチして体をほぐす。貸し出されたバチを持ち、軽く叩き方を教わった後、早速大太鼓の前へ。バチの先が肩のライン上にくるように意識し、ヒジ、手首、バチ先の順で前に出るように振るのがコツだ。さらに、足を開いて構え、腕だけでなく肩からしっかり動かすと良い音が鳴る。

   最初は上手に叩けなかったが、「ボールを投げる感覚で弾くように」と、講師が分かりやすくコツを説明してくれた。二分音符、四分音符、八分音符と次第にリズムを変えて、時に強弱をつけてひたすら叩いていく。リズムをつかみながらバチを振るのは、簡単そうに見えて非常に難しい。そして意外と体力を消耗する。数分で汗がにじんだ。

   終盤では、複数のリズムを組み合わせて参加者全員で音を合わせた。講師の気さくでユーモアある指導で、和やかな雰囲気の中で体験は終了した。太鼓は叩けば音が鳴るため、初心者でも楽しめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!