2020年 11月 26日 (木)

「サンタクロースっているの?」 世界で最も有名な社説が絵本に

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   金の星社(東京都台東区)は、絵本「サンタクロースっているの? ほんとうのことをおしえてください」を、2020年10月末に発売。

  • 大人にも読んで欲しいクリスマス絵本
    大人にも読んで欲しいクリスマス絵本
  • 大人にも読んで欲しいクリスマス絵本

8歳の少女からの質問に答えた世界的名文

   123年前にサン新聞に掲載された「世界で最も有名な社説」が絵本化。

   1897年、8歳の少女、ローラ・バージニア・オハンロンはサン新聞に手紙を送った。その内容は「サンタクロースはいるのですか」。友人にサンタクロースの存在を否定された彼女は、父親からアドバイスを受けて手紙を書いた。

   回答したのはサン新聞の論説委員だったフランシス・P・チャーチ。後に「世界で最も有名な社説」となるその答えは、子どものみならず大人の心にも響く、絶対に忘れてはならない内容だったという。

   絵・訳は、「もしもしおかあさん」「てぶくろをかいに」などを手掛けた人気絵本作家いもとようこ氏。いもと氏の翻訳とともに英語原文も掲載している。

   価格は1400円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!