2020年 11月 26日 (木)

新型コロナで健康への意識に変化 朝食の需要増、見た目の改善よりも健康的な体型を

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   サントリー⾷品インターナショナル(東京都中央区)が2014年から実施する、特定保健⽤⾷品および機能性表⽰⾷品の飲料に関する消費者飲⽤動向調査。20年の調査結果は10月23日に発表された。

   新型コロナウイルスの流⾏に伴い、結果から新しい⽣活様式における健康への意識や⾏動変化がみられたとしている。

  • 新型コロナウイルスによる健康意識の変化
    新型コロナウイルスによる健康意識の変化
  • 健康のために行っていること
    健康のために行っていること
  • 新型コロナウイルスによる健康意識の変化
  • 健康のために行っていること

「朝食をきちんととる」前年比で顕著に増加

   まず、新型コロナの流行で、健康に関する意識に変化があったか。「健康リスクは誰にでも起こりえると思うようになった」(64.3%)が最多だ。次いで「⽇頃から、病気にかかりにくい⾝体づくりが⼤切だと思うようになった」(62.3%)が挙がった。

   体型に関する項⽬では、「⾒た⽬の改善よりも、健康的な体型を維持したいと思うようになった」(37.1%)との回答が多かった。

   実際に健康のためにしていることは何か。「朝⾷をいつもきちんととるようにしている(32.1%)」、「⼗分な休養をとる(31.0%)」、「サラダなどの野菜から⾷べるようにする(29.5%)」との回答が多かった。「朝⾷をいつもきちんととるようにしている」は、前年の調査結果と比較してとくに割合が増え、他の項目よりも顕著に変化が見られた。

   同社は、企業の在宅勤務の推進や休校措置などにより、在宅時間の増加で朝⾷需要が増加傾向にあると分析。時間のゆとりから⾃宅で朝⾷をとる傾向が⾼まっていると推測している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!