2021年 1月 23日 (土)

三島由紀夫はなぜ自決したのか・・・あれから50年、「三島本」出版ラッシュ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

全共闘との討論で「心づもり」明かす

   今年は映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」も公開された。1969年5月13日に行われた東大全共闘学生との討論集会をもとに再構成したドキュメンタリーだ。生前の三島の姿を大画面で見ることができる。

   この時の三島の発言は『美と共同体と東大闘争――三島由紀夫vs東大全共闘』 (角川文庫、2000年刊)で確認できる。

「人間はやる時にはやらなきゃならんと思っています。・・・それがいつ来るかまだわからない・・・私は大体に合法的に人間を殺すということがあんまり好きじゃないのです」

   「私が行動を起す時は、結局諸君と同じ非合法でやるしかないのだ。非合法で、決闘の思想において人をやれば、それは殺人犯だから、そうなったら自分もおまわりさんにつかまらないうちに自決でも何でもして死にたいと思うのです」と語っている。

   実際に自決する1年半前には、すでに心づもりをしていたことがわかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!