2020年 11月 27日 (金)

「100日後に死ぬワニ」流行語大賞は幻に 候補落選の日、公式ツイッターの反応は

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   2020年春に話題をさらった4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」、流行語の候補に選ばれず――。2020年11月5日に発表された、「現代用語の基礎知識選2020ユーキャン新語・流行語大賞」の、ノミネート30語に入っていなかった。

「100ワニ流行語に居なくて、あぁ...みたいな感情になってる」
「100ワニあんなに流行ったのに何で流行語ノミネートすらされてないの?」
  • 夏には東京駅にてショップオープンも、流行語から落選
    夏には東京駅にてショップオープンも、流行語から落選
  • 夏には東京駅にてショップオープンも、流行語から落選

グッズ情報アカウントと化したSNS

   「100日後に死ぬワニ」は、漫画家のきくちゆうきさんが自身のツイッターで連載し、大きな注目を集めた。20年3月に完結して以降も、多くのメディアがその反響を取り上げ、書籍化やコラボカフェ開店と人気は続いていた様子だった。

   漫画完結から約8か月。ツイッターには流行語大賞候補からの落選を惜しむ声のほかに「100ワニ、存在自体忘れてた」との書き込みが。最近では話題性が薄れたのは事実だ。それでも「100日後に死ぬワニ」は、実は今も密かに「活動」を続けている。

   まず、公式ツイッターは現在も運営中だ。ただし、投稿のほとんどがグッズの宣伝で、数か月前からグッズ情報アカウントと化している。なお流行語大賞候補が発表された11月5日のツイートは、何もなかった。

   公式インスタグラムも開設されているが、こちらは20年11月6日時点でフォロワー数400人強。ツイッターと同様に、時候の挨拶を除いてほとんどがグッズの宣伝投稿となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!