2021年 5月 18日 (火)

ラヴェルの1914年と「ピアノ三重奏曲」(中編)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「遺書」のようなもの

   ラヴェルは、フランスが宣戦布告した8月3日の直後、8日に入隊を志す手紙を弟に送ったあと、「そのことに反対しない、自分も志願する。」という弟の返信を14日に受け取り、月末の29日には、楽譜出版社のジャック・デュランに手紙を送り、明日の30日には「ピアノ三重奏曲」を完成させ、数日かけて清書して出版用手稿譜をつくりあげ、来週にはサン・ジャン・ドリュズ近郊の大きな街、バイヨンヌに入隊志願に向かう、と書いています。その後、印刷された校正刷りにも精力的に演奏用の書き込みを行い、彼は本当に5週間でいつもの5か月分ぐらいの仕事をしたのです。

   他の企画・進行していた作品の作曲は中断したものもありましたが、ラヴェルはこの「ピアノ三重奏曲」だけは、多少強引な第4楽章だったとしても、出征前に完成させるつもりだったのです。このことからも、この曲は、ラヴェルの「覚悟であり、遺書」のようなものではなかったか、と考えられるのです。

   それには、もう1つの「状況証拠」があるのですが、それはまた来週にしましょう。

   バイヨンヌの街で兵隊に志願したラヴェルですが、「体重が2キロ少ない」という理由で入隊することは叶いませんでした。そのままサン・ジャン・ド・リュズに戻り負傷兵の看護などをしていましたが、結局、11月にはパリに戻ることになり、そこで、兵隊に志願しやすくなるための自動車免許を取得したり、「遺書」として書き置いてゆくはずの「ピアノ三重奏曲」の初演に立ち会ったりすることになります。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!