2020年 11月 27日 (金)

マイクロソフト「Xbox Series X&Series S」 毎秒120コマのスムーズなゲームプレイ

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   日本マイクロソフトは、コンソールゲーム機「Xbox Series X」「Xbox Series S」2モデルを2020年11月10日に発売する。

  • 「Xbox」ファミリー新世代 2つのハードウェアを用意
    「Xbox」ファミリー新世代 2つのハードウェアを用意
  • 「Xbox」ファミリー新世代 2つのハードウェアを用意

上位モデルとコンパクトモデルを用意

   いずれも、カスタムSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)の搭載によりゲームの読み込み速度を大幅に向上したという。AMDの「Zen 2」「RDNA 2アーキテクチャ」と連携し高いパフォーマンスを発揮。毎秒最大120コマでのスムーズなゲームプレイが楽しめる。

   別売の容量1TBストレージ拡張カードに対応。専用の拡張ポートから本体背面に差し込み、内蔵SSDを複製し、パフォーマンスはそのままストレージを追加できる。

   「アサシン クリード ヴァルハラ」「フォートナイト」「Forza Horizon 4」など30のゲームタイトルを本体と同時に発売する。

   「Xbox One」「Xbox 360」「Xbox」ゲームとの下位互換性があり、何千ものゲームタイトルが高速読み込みと安定したフレームレートで楽しめる。「Xbox One」向けアクセサリーとの互換性を備える。有線LANに加えデュアルバンドIEEE802.11ac準拠の無線LANをサポートする。

   上位モデル「Xbox Series X」は、12テラフロップスの処理能力を備えたGPU(グラフィックス・プロセッサー)を搭載。4K HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)画質のダイナミックかつリアルな映像を実現する。

   3つのエアフローチャネルを備えた「Xbox Parallel Cooling Architecture」を採用。発生した熱を均等に分散し、本体の熱を抑えるとともに静音性を維持。

   メモリーは16GB、内蔵ストレージ容量は1TB。USB 3.1の外付けHDD(ハード・ディスク・ドライブ)対応。光学ドライブは4K UHD ブルーレイを搭載。

   価格は4万9980円(税別)。

   シリーズ史上最小だというコンパクトボディを採用した「Xbox Series S」は、4テラフロップスのGPUを搭載。1440p解像度でのプレイが楽しめる。メモリーは10GB、内蔵ストレージ容量は512GB。

   価格は2万9980円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!