2020年 11月 25日 (水)

PS5「30万」で転売、既に売り切れ・・・ 「1円」でオークション開始する例も

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   ゲーム機「プレイステーション5(以下、PS5)」発売日が明日に迫った。前日2020年11月11日、ツイッターは発売を待ち望む明るい声であふれかえっている・・・かと思いきや、「転売」行為を非難する意見が目立つ。

   フリマアプリ「メルカリ」や「ラクマ」、インターネットオークション「ヤフオク!」などを見ると、PS5を高額で出品しているユーザーが複数いる。中には公式の希望小売価格の4倍、5倍の値段に釣り上げられているものまである。

  • 「プレイステーション5」公式サイト(画像はスクリーンショット)
    「プレイステーション5」公式サイト(画像はスクリーンショット)
  • 「プレイステーション5」公式サイト(画像はスクリーンショット)

抽選で2台当選したので「出品」

   PS5の希望小売価格は、デジタル・エディションが3万9980円(税抜、以下同)、ディスクドライブを備えたモデルは4万9980円。

   だが記者が11月11日13時半過ぎに「メルカリ」でPS5の出品状況を見ると、明らかに希望小売価格より高額な物が、ちらほらと「SOLD OUT」になっていた。抽選で2台当選し、キャンセルできなかったので出品していると説明している人もいる。

   10万を切っている出品物はほぼなく、大体の価格設定が11~13万程度。中にはディスクドライブ搭載版が税込、送料込29万8000円で出品され、売り切れている例もあった。なんと希望小売価格の5倍以上。コメント欄には「転売」だと指摘し、通報するユーザーの声が殺到していた。

   デジタル・エディションだと約9万で出品されている物があるが、だとしても希望小売価格の倍だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!