2020年 11月 25日 (水)

小柴さんのノーベル物理学賞 浜松の電子メーカーが支えた

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   素粒子ニュートリノの観測に成功し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊(こしば・まさとし)東京大特別栄誉教授が2020年11月12日、亡くなった。その業績を支えたのは静岡県浜松市の光関連電子機器メーカー「浜松ホトニクス」の実験装置だった。

  • 小柴昌俊さんの著書「心に夢のタマゴを持とう」(講談社文庫)
    小柴昌俊さんの著書「心に夢のタマゴを持とう」(講談社文庫)
  • 小柴昌俊さんの著書「心に夢のタマゴを持とう」(講談社文庫)

3人のノーベル賞に貢献

   素粒子ニュートリノは「カミオカンデ」で観測された。岐阜県飛騨市・神岡鉱山地下に、3000トンの水を蓄えた観測装置だ。そこに整然と並ぶ、無数の丸い大きな眼球のような機器。これを製作したのが「浜松ホトニクス」だ。

   1979年、東京大学理学部の小柴昌俊教授から直径20インチの光電子増倍管の依頼を受けて開発に着手した。当時、世界でも類を見ない大口径の光電子増倍管だった。工業高校出身の30歳前後の若い技術者たちが、苦労して製造に成功した。小柴さんは最終講義で「浜ホトの技術があるので負けません」と同社を称えたという。

   この20インチ光電子増倍管は2014年、世界最大の電気・電子・情報・通信分野の学会IEEE(米国電気電子学会)から、ニュートリノの観測に貢献したとして、「IEEEマイルストーン」に認定された。世界的に権威ある学会からも記念碑的な評価を得たのだ。

   さらに後継の「スーパーカミオカンデ」で梶田隆章・東大宇宙線研究所長らがニュートリノに質量があることを確認。小柴さんに続き、15年にノーベル物理学賞を受賞した。

   同社が貢献したのは小柴・梶田さんの研究だけではない。02年に島津製作所の田中耕一さんがタンパク質の構造と質量を分析できる技術でノーベル化学賞を受賞したが、その分析器にも浜松ホトニクスが供給した部品が使われていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!