2020年 11月 26日 (木)

「PS5」手に入らないゲーマー コントローラーや周辺機器を先に買う謎心理

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」の人気が、過熱している。2020年11月12日の発売後、フリマアプリ「メルカリ」では転売が横行。一部の家電量販店では抽選倍率が100倍を超えたと報じられ、入手困難が続く。

   PS5がまだ手に入らないゲームファンの中には、本体よりも先に専用コントローラーをはじめ周辺機器を購入した人が現れている。いったい、どんな心理なのか。

  • 画像はuskeeeさんのツイッターから
    画像はuskeeeさんのツイッターから
  • 画像はuskeeeさんのツイッターから

コントローラー買って「祭り参加」の気分

   記者が調べた限り、周辺機器を先に購入した人はツイッター上で少なくとも10人以上。ゲームファンの「uskeee」さんは、本体よりも先にPS5用のコントローラー「DualSense」やその充電スタンド、ワイヤレスヘッドセット、そしてPS5のアプリやテレビを操作できる「メディアリモコン」を購入した。

   「uskeee」さんは13日、J-CASTトレンドの取材に、「発売日にはPS5が買えるのではないか」と考えて周辺機器を購入したと答えた。本体は手に入らず、現在ゲームショップや量販店の2次抽選の結果を待っている。

「ゲーム好きとしては、新ハードの発売はお祭りなので気持ちが盛り上がって買ったのもあります。本体買えなくても、『コントローラーだけでも買ってこの祭りに参加しよう』みたいな気持ちも」

   古参ゲームファンという「ベシ」さんも、抽選に落選し、本体より先にコントローラーを買った。今後、PS5が安定供給されるようになった際に「2個目」としてのコントローラーの需要が高まり、転売などで品薄となることを懸念して購入したという。「ゲームハードで周辺機器を先に購入したのは、ファミコン以来ありません」と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!