2020年 11月 24日 (火)

ラヴェルの1914年と「ピアノ三重奏曲」(後編)

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

(先週から続く)

   全4楽章からなるラヴェルの傑作室内楽作品「ピアノ三重奏曲」ですが、私が、この曲は出征前のラヴェルが書き残したいわば「遺書だ」と強く感じるのは、第1楽章です。

   全曲通して演奏時間は30分ほどなのですが、第1楽章は演奏時間が10分ほどもかかります。交響曲やソナタにおいて最も重要なのは、大抵第1楽章ですが、このトリオも、第1楽章が演奏時間的にも、内容的にも、この曲の「顔」とも言うべき、かなり重要なポジションを占めているといえます。

  • ラヴェルのピアノ三重奏曲の第1楽章の楽譜。当時としては大変珍しい、不思議な「3+2+3=8」という8分の8拍子で始まる
    ラヴェルのピアノ三重奏曲の第1楽章の楽譜。当時としては大変珍しい、不思議な「3+2+3=8」という8分の8拍子で始まる
  • 第1楽章の最後。ピアノの左手に、低い音で8拍子のリズムが聞こえるが、あたかも弔いの鐘のようだ
    第1楽章の最後。ピアノの左手に、低い音で8拍子のリズムが聞こえるが、あたかも弔いの鐘のようだ
  • ラヴェルのピアノ三重奏曲の第1楽章の楽譜。当時としては大変珍しい、不思議な「3+2+3=8」という8分の8拍子で始まる
  • 第1楽章の最後。ピアノの左手に、低い音で8拍子のリズムが聞こえるが、あたかも弔いの鐘のようだ

異例中の異例「8分の8拍子」

   そして、奇妙なことに、この第1楽章の拍子が、「8分の8拍子」という、あまり目にすることのない拍子で書かれているのです。「4分の4拍子」とか「4分の3拍子」とか「2分の2拍子」とか「8分の6拍子」などの拍子が、ほとんどのクラシック曲には使われ、「1小節の中に8分音符が8個存在する」というこの拍子は、大変めずらしいものなのです。

   しかも、最初の出だしは、ピアノのみで演奏されるのですが、その8拍は、「4+4」でも「2+2+2+2」でもなく、なんと「3+2+3」というリズムに分けられています。3拍子系統の拡大リズムで、現代音楽なら、こういった拍子を設定することも珍しくないのですが、まだ20世紀に入ったばかりのこの時期のラヴェルの作品としては異例中の異例です。ラヴェルはなにゆえ、こんな珍しいリズムにしたのでしょうか?

   ・・・・これは、おそらく「バスクのリズム」なのです。バスクの民謡のリズムには8拍子のものがあるそうですし、踊りのステップは独特で、「パ・ド・バスク」と呼ばれるものがバレエやスコティッシュダンスにも存在します。さらに、同時期に企画され、第一次大戦のために作曲を中断した作品に、バスクの伝統や文化などさまざまなものを織り込んでゆく曲がありました。そしてなにより、バスク人である母親のことが大好きで、自らもバスクのシブール生まれの彼は、自分の血の中にもバスクを意識していたに違いないのです。生誕地の隣町、サン・ジャン・ド・リュズでのバカンス滞在中に、この曲を書き上げたわけですから、バスクを織り込んだ第1楽章は、彼が自らのアイデンティティーをあらためて問い直した曲のように思えてなりません。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!