2020年 11月 26日 (木)

紅白歌合戦にジャニーズ「白組の3分の1」7組 落選歌手ファンの嫉妬と嘆き

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   2020年大みそか放送の「第71回NHK紅白歌合戦」出演歌手が、2020年11月16日に発表された。ジャニーズからは、計7組が選出。これは15年と並ぶ過去最多タイだ。

   「ジャニーズ紅白」の様相だが、一方で落選組のファンからはジェラシーが止まらない――。

  • 「第71回NHK紅白歌合戦」ジャニーズからは計7組が選出
    「第71回NHK紅白歌合戦」ジャニーズからは計7組が選出
  • 「第71回NHK紅白歌合戦」ジャニーズからは計7組が選出

EXILEと「三代目」、AKBが出ない

   2020年いっぱいで活動休止する嵐や、9回目となる関ジャニ∞、今年デビューを果たしたSnow ManとSixTONESなどが出場する。白組は全部で21枠あるが、3分の1がジャニーズで埋まったことになる。

   ツイッターでは様々なグループのファンが羨ましがっている。

「EXILEと三代目、そしてE-girlsの紅白落選まじでしんど過ぎる ジャニーズなんであんな出るん」
「昔はLDH3枠あったのに今年は1枠って...ジャニーズ7枠...」
「ジャニーズさん7組はすごいな、、普通に羨ましい」

   中でも「EXILE」や「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」のファンからは、出場枠の数に対してジェラシーを感じる投稿が見られた。彼らが所属する事務所「LDH」からは昨年に続いて今年も「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のみが出場する。

   また、ファンに衝撃を与えたのが、AKB48の落選だ。紅白の常連で、これまでに計12回出場していた。「ジャニーズ7組も出てるしAKBは絶対出ると思ってたな」、「まさかのAKB落選でジャニーズ枠7組は凄い」と、ジャニーズと比較して残念がるファンが目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!