2020年 11月 25日 (水)

「紅白」もう一つの見どころは「ハプニング」 70年の歴史で珍事続々

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   第71回紅白歌合戦の出場歌手が2020年11月16日に決まった。年末を飾る国的歌番組だけに世間の関心は高い。本番ではNHKは演出や趣向を凝らし、出場する歌手たちもパフォ-マンスを競い合う。失敗は許されないが、生番組だけに、様々なハプニングがあった。インターネットで検索すると、様々な特集記事が目に付く。

  • 「紅白歌合戦」会場のNHKホール
    「紅白歌合戦」会場のNHKホール
  • 「紅白歌合戦」会場のNHKホール

交通事故で代役

   日刊スポーツは「ハプニングの宝庫/紅白『珍』事件簿」という記事を19年12月29日に報じている。古くは52年の第2回、出場歌手の松島詩子がスタジオに向かう途中で事故にあった。越路吹雪が急きょ代役で出演したという。当時は事前に出場者が発表されない形式だったため、越路が代役であることはすぐにはわからなかったそうだ。

   74年の第25回では「社会の窓事件」。初の大トリを務めた森進一は、熱唱中にズボンのファスナーが開いていた。これに気付いた森は、さりげなく閉めたという。

   このほかにも、86年の第37回には、白組司会の加山雄三が少年隊の曲のタイトル「仮面舞踏会」をうっかり「仮面ライダー」と紹介したとか、96年の第47回では、米米CLUBのボーカルのカールスモーキー石井がステージから客席に転落したなどの珍事や事件が多数紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!