2021年 5月 15日 (土)

楽天監督5人が「1年でクビ」 ソフトバンクは16年間で監督3人だけなのに

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「最後は自分で責任を取るという覚悟」か

   来季の指揮官は、石井一久氏。今季までGM(ゼネラルマネジャー)を務めていた。監督兼任となり、これも異例だ。前出の記者は、「最後は自分で責任を取るという覚悟なんじゃないか」と話す。

「基本的に日本のGMと、米大リーグ(MLB)のGMの考え方は違います。GMが全ての人事権を握るのが米国式。石井さんもMLBに行っていたから、そうした認識でチームの人事を全て決めていたのですが、それで結果が出なかったから『最後は自分でやるしかない』と」

   平石氏は、前年に6位だった楽天を19年に3位まで押し上げたものの解任。後任の三木氏は4位に終わり、石井GMがその責任を取る覚悟なのではないかとした。

   今季パ・リーグを制し日本シリーズに臨む福岡ソフトバンクホークスは、前身の福岡ダイエーホークスを継承した2005年以降、王貞治氏、秋山幸二氏、工藤公康・現監督と、監督の交代は2回しかなく、いずれも長期政権が続いている。楽天とはあまりにも対照的だ。

   なぜ、こうも違うのか。「もちろん成績が伴っているのもあるし、恐らく(オーナーの)孫正義氏による長期的な経営方針の意向が強いのだと思います」(前出の記者)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!