2020年 11月 25日 (水)

「昼飲み」に「ARアート」 有馬温泉で楽しめる昼夜のイベント

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   紅葉が見ごろの有馬温泉(兵庫県神戸市)では、2020年11月19日現在、2つのイベントが開かれている。昼飲みキャンペーンの「ひる飲みありま」と、AR(拡張現実)アプリを活かしたアート展「有馬アートナイト~質量からの旅の追憶~」だ。

   有馬温泉は日本三名泉の一つ。鉄分と塩分を含む褐色の「金泉」や無色透明の「銀泉」といった名物湯はもちろん、風情ある小道を散策しながら景観とグルメを満喫できる。

  • 有馬温泉の紅葉
    有馬温泉の紅葉
  • 「ひる飲みありま」のパンフレット
    「ひる飲みありま」のパンフレット
  • 色彩と光の「有馬アートナイト」
    色彩と光の「有馬アートナイト」
  • ARアプリでアート作品が浮かび上がる
    ARアプリでアート作品が浮かび上がる
  • 有馬温泉の紅葉
  • 「ひる飲みありま」のパンフレット
  • 色彩と光の「有馬アートナイト」
  • ARアプリでアート作品が浮かび上がる

昼に飲んで夜はアートめぐり?

   「温泉に入って、ランチで1杯、街歩きでも1杯」というコンセプトの「ひる飲みありま」は温泉街の飲食店22店舗で展開され、季節限定の昼飲みメニューや特典を用意している。

   地ビールが飲める「Cinq. Bar du SAKE」では生ハムとチーズに加え、「有馬ビール」を含めた5種のビールから1杯選べるセットが1000円(税込)。竹中肉店では人気の「ミンチカツ」とコロッケ、生ビール2杯のセットが1500円(税込)で楽しめる。

   「有馬アートナイト」では、有馬温泉街に点在する4つの「泉源」各所と、12カ所のスポットに色彩と光のアート作品を展示。また専用のARアプリを決められた場所で使うと、スマートフォン越しに街並みと融合したアートが出現する。

   アプリ内のマップには各施設や飲食店なども掲載されており、夜の有馬温泉巡りを楽しめる。また、有馬温泉限定の景品がもらえる周遊スタンプラリーも用意されている。

   「有馬アートナイト」は17時から22時半まで鑑賞できる。開催期間は11月23日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!