2020年 11月 25日 (水)

「全米図書賞」翻訳文学部門の柳美里さん 人気作品 1位は『ねこのおうち』・・・ 「honto」調査

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   作家・柳美里さんの『JR上野駅公園口』が日本時間の2020年11月19日、「全米図書賞」の翻訳文学部門に選ばれたことを受けて、「honto」は20日、柳美里さんの作品ランキングを発表した。

  • 『人生にはやらなくていいことがある 』(ベストセラーズ)
    『人生にはやらなくていいことがある 』(ベストセラーズ)
  • 『人生にはやらなくていいことがある 』(ベストセラーズ)

『家族シネマ』で芥川賞

   それによると、1位は、自身も数匹の猫と暮らす著者が描く、猫とその家族の物語『ねこのおうち』(河出書房新社)、 2位が『JR上野駅公園口』(河出書房新社)。3位が『人生にはやらなくていいことがある 』(ベストセラーズ)、4位『国家への道順』(河出書房新社)、5位『貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記』(双葉社)だった。

   柳美里さんは1968年生まれ。97年『家族シネマ』で芥川賞受賞。「全米図書賞」の翻訳文学部門は2018年に多和田葉子さんが『献灯使』で選ばれたばかり。

   「honto」は大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店。今回はhontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhontoサイトで購入された書籍の販売データをもとに集計した。集計期間:2011年1月11日~2020年11月20日。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!