2020年 11月 27日 (金)

ドコモと小田急「XR技術」活用したプロジェクト デジタルと現実融合した「未来の新宿」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   小田急電鉄(東京都新宿区)とNTTドコモ(東京都千代田区)は、2020年11月より、東京・新宿の新たなまちづくりプロジェクト「XR シティ SHINJUKU」を始動させた。

   第1弾として、11月18日~23日にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの技術の総称「XR技術」を活用したコンテンツを、新宿で展開している。J-CASTトレンドは体験会に参加した。

  • 小田急新宿駅の西口地上コンコースで開催「XR Collection&Museum」
    小田急新宿駅の西口地上コンコースで開催「XR Collection&Museum」
  • 小田急電鉄生活創造事業本部・課長の北島大氏
    小田急電鉄生活創造事業本部・課長の北島大氏
  • NTTドコモビジネスクリエーション部・XRビジネス推進担当部長の奥村浩之氏
    NTTドコモビジネスクリエーション部・XRビジネス推進担当部長の奥村浩之氏
  • 「XR Collection」
    「XR Collection」
  • 美術鑑賞ができる「XR Museum」
    美術鑑賞ができる「XR Museum」
  • 画面を通してアート作品が出現
    画面を通してアート作品が出現
  • XRアトラクション「XR Wonder Park」
    XRアトラクション「XR Wonder Park」
  • 新宿サザンテラスをスマホ片手に冒険
    新宿サザンテラスをスマホ片手に冒険
  • 目の前にある木や生垣がしゃべりだす仕掛けも
    目の前にある木や生垣がしゃべりだす仕掛けも
  • 小田急新宿駅の西口地上コンコースで開催「XR Collection&Museum」
  • 小田急電鉄生活創造事業本部・課長の北島大氏
  • NTTドコモビジネスクリエーション部・XRビジネス推進担当部長の奥村浩之氏
  • 「XR Collection」
  • 美術鑑賞ができる「XR Museum」
  • 画面を通してアート作品が出現
  • XRアトラクション「XR Wonder Park」
  • 新宿サザンテラスをスマホ片手に冒険
  • 目の前にある木や生垣がしゃべりだす仕掛けも

スマホをかざすとファッションショー会場に

   まず、本プロジェクトについてNTTドコモビジネスクリエーション部・XRビジネス推進担当部長の奥村浩之氏が説明に立った。デジタルと現実世界が融合した感動や期待にあふれる「未来の新宿」を実現するため、様々なコンテンツに取り組むと話し、「新宿の新たな魅力を発信していきたい」と意気込んだ。

   小田急電鉄生活創造事業本部・課長の北島大氏は、「新宿を活動拠点にしている人に、新宿は楽しい街だと改めて知ってほしい」と話した。

   記者は最初に、小田急新宿駅の西口地上コンコースで開催している「XR Collection&Museum」を体験した。スマートフォン(スマホ)に入れた無料専用アプリからQRコードを読み取り、該当エリアにスマホをかざすと、画面上にコンテンツが出現する。「XR Collection」では、何もない場所が一転、ファッションショー会場に「大変身」。文化ファッション大学院大学の学生がデザインしたカラフルな衣装を身にまとったモデルが、ランウェイを歩きだした。

   「XR Museum」では、多摩美術大学の学生の作品が画面上に現れ、アート鑑賞ができる。まるでその場に実際に作品があるかのように、リアルに感じられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!