2021年 12月 1日 (水)

「鬼滅」が書店市場の救世主に 4年ぶり、売上拡大の可能性高まる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

10年前の7割強に落ち込んでいた

   今年は新型コロナの感染拡大に伴う影響もあり、自宅で楽しめるエンターテインメントとしてコミックの需要が広がったことも大きい。それを牽引したのがメガヒットの「鬼滅の刃」となった。

   11月時点までの業績推移が今後も進めば、通期予想などを含めた20年の書店市場は、増加幅は僅少ながらも4年ぶりに拡大する可能性が出てきている。

   20年10月までに倒産した書店は前年同期を9件下回る10件。このペースで進めば、書店の倒産は4年ぶりに前年比減少に転じるほか、通年で最も少ない01年の15件を下回り、過去最少を更新する可能性が高いという。

   書店市場は2019年、1兆2186億円となり、3年連続で減少。10年前の7割強の水準に落ち込むなど、じり貧状態が続いていた。

   今年の好調は「鬼滅の刃」のメガヒットに頼っているところが大きいため、今後については不透明だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!