2021年 5月 10日 (月)

「鬼滅の刃」超えるか「呪術廻戦」 書店で売り切れ続出、バトル漫画またもヒット

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「呪術廻戦」という漫画が現在、若者を中心に大きな話題となっている。有吉弘行さんや南海キャンディーズの山里亮太さんが公式ツイッターに「面白い」と書き込むなど、芸能界でも同作品にハマる人が続出している。

   ポスト「鬼滅の刃」となるか――。J-CASTトレンドは、大手書店の東京・八重洲ブックセンターの営業担当者に、「呪術廻戦」の人気ぶりを取材した。

  • 大人気の「呪術廻戦」(画像はアニメ「呪術廻戦」の公式サイトより)
    大人気の「呪術廻戦」(画像はアニメ「呪術廻戦」の公式サイトより)
  • 大人気の「呪術廻戦」(画像はアニメ「呪術廻戦」の公式サイトより)

アニメ放送開始後に売れ行き伸びる

   「呪術廻戦」は、漫画家・芥見下々さんが「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2018年から連載している、「呪い」をテーマとした作品だ。化け物「呪霊」と、呪術師たちとの戦いを描いたダークファンタジー・バトル漫画となっている。

   20年10月からはテレビアニメも放送開始に。漫画の単行本は現在13巻までが発売された。最近ではツイッターに「もー!呪術廻戦の漫画買おうと思って、本屋5軒回ったけど、どこも売り切れ......」、「呪術廻戦売り切れでどこにも売ってないな...鬼滅の刃と似た現象起きてるな」など、なかなか手に入らないとの書き込みが相次いでいる。

   八重洲ブックセンターの営業担当者は、「確かに売り切れが発生している」と話した。以前から人気ではあったが、とくにアニメが放送開始されてから売れ行きが伸びるようになり、全巻まとめ買いをする人も目立つようになったという。

   同店の漫画コーナーでは現在「鬼滅の刃」が1番人気だが、「呪術廻戦」はそれに次いで売れている。10〜20代の若い男女からの支持がとくに厚いとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!