2021年 8月 6日 (金)

松任谷由実「深海の街」
きっと人間には愛しか残らない...

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

「この時代、いつどうなるか分からない。だから、たとえ最後のアルバムになっても胸を張れるようなクオリティを目指しました」

   松任谷由実は、2020年12月1日に出た39枚目のアルバム「深海の街」のオフィシャルインタビューの中でそう言っている。

   そんな風に思ったのは、彼女だけではないのだと思う。

   今、音楽などやっていていいのだろうか、この先も同じように音楽をやっていられるのだろうか。残された時間が限られていると思い始めた大御所と呼ばれるアーティストにとっては、いやおうなく「終わり」を意識させられる年になっているのではないだろうか。

  • 「深海の街」(Universal Music、Amazonサイトより)
    「深海の街」(Universal Music、Amazonサイトより)
  • 「深海の街」(Universal Music、Amazonサイトより)

ほとんど自宅スタジオに籠っての作業

   「深海の街」には、今までの彼女のどのアルバムにもなかった神聖な光が射しているように思った。

   アルバム「深海の街」は、去年から準備が進んでいたのだという。

   その時は、1980年に出た「SURF & SNOW」の40年後の続編の予定だった。夏のサーフィンに冬のスキー、彼女の歌で季節が変わる。若者たちの間で「リゾート」という言葉が一般化するきっかけであり80年代の豊かさを先取りしたようなアルバムは「世は歌につれ」という稀有な例となった。

   新作アルバムは、そうしたリゾート感を「脳内バーチャル」で体感させようというコンセプトだったそうだ。最新のテクノロジーを使って居ながらにして旅の気分を味わわせてくれる音楽。時代の最前線を走り続けてきた彼女にしかできない試みになるはずだった。

   その渦中に出された緊急事態宣言。作業はすべてストップし、アルバムの内容も変わった。彼女は、そのインタビューの中で、「4月、5月は家から一歩も出なかった、アーティストとして機能していなかったし、何よりも人と自由に会えないのが本当に辛かった」と、こうも言っている。

「製作中、時々、突き上げられるような不安から泣きそうになる場面もありました。それでも、このアルバムを通じて、私は私自身を立て直したのだと思います」

とは言え、アルバムタイトル曲「深海の街」は、去年からテレビのニュース番組のテーマとして流れ配信シングルにもなっている。「コロナ渦」以前に作られた曲だ。「深海」というのも「脳内リゾート」のイメージの一つだったという。

   優れたソングライターの書く歌は、その後の状況を予知していたように聞こえることが少なくない。「深海の街」もまさしくそんな一曲だ。光の射さない深海の静けさの中で、切れ切れに聞こえる孤独の呼び声に耳をすます。そんな描写は、誰にも会えない2020年に重なり合った。それは、ほとんどの作業を自宅のスタジオに籠って行ったという彼女自身の日々でもあったに違いない。

タケ×モリ プロフィール
タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!