2021年 8月 2日 (月)

新庄剛志「14年ぶりヒット」48歳の肉体 「目」「動体視力」は鍛えられるのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   引退から14年、48歳の元プロ野球選手・新庄剛志氏が2020月12月7日の12球団合同トライアウトに参加し、適時打を放った。

「ボールがよく見えた。(ボールが)止まっていたんじゃないかなというくらい」

   12月7日付のサンケイスポーツ電子版によると、こうコメントしたという。野球選手は、視力の衰えが選手生命に影響するといわれるが、長く球界から離れていた新庄氏はプロの球を打ち返した。J-CASTトレンドは、その「目」に注目した。

  • 画像は新庄氏のユーチューブ「新庄剛志ちゃんねる」から
    画像は新庄氏のユーチューブ「新庄剛志ちゃんねる」から
  • 画像は新庄氏のユーチューブ「新庄剛志ちゃんねる」から

2006年引退の理由は「目」だった

   2006年にプロ野球選手を引退した新庄氏。07年1月28日に当時の公式サイト「CLUB SHINJO」(閉鎖)で、「野球をあきらめた原因は実は『目』だったんです。去年、開幕して一週間たった試合で急にボールがかすんで見えだし、特に右ピッチャーのカーブと左サイドスロー投手の時、最悪でした」と告白していた。

   19年11月12日にプロ再挑戦をインスタグラムで表明した際には、12年間トレーニングをしていないとユーチューブの動画の中で語り、「目がやっぱり衰えている」とコメント。体作りと共に、速いボールを受けられるバッティングセンターに通うことで目を慣らしていくと語っていた。

   そしてトライアウト――。第1打席は二ゴロだったが、143キロの球に反応した。米大リーグ、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は7日にツイッターで「10年以上野球やってないのに143km/hを芯に当ててるのが凄すぎる」と感心していた。

   第4打席で126キロの変化球をレフト前へタイムリーヒットとした。

   前述のサンスポ電子版の中で、「ポイントは目(視力)だったんだよね、実は。だけど、見えている。ものすごく見えている」と答えていた。

   野球評論家の赤星憲広氏は8日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、「(新庄氏が球に)目がついていけたっていう話をされていた、というコメントを見たんですけど。プロの球を4打席見ただけで対応できるんだというところが一番驚いたところ」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!