2021年 6月 19日 (土)

「ミロ」販売休止で早くも転売品出回る ならば栄養価高い「ココア飲料」いかが

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

転売屋から買うぐらいなら?

   他にツイッターユーザーらが挙げている代用品として、同じく森永製菓が出している栄養機能性食品のココア「セノビー」もある。こちらでも比較表を作った(画像3枚目)が、大まかな栄養は「牛乳で飲むココア」と共通している一方、カルシウムが510ミリグラムも入っているのが大きな特徴だ。

   11月23日付「マネーポストWEB」によると、今年7月にも「ミロ」が品薄となった。これは、「ミロ」を飲んだことで貧血の症状が和らいだというユーザーのツイートがきっかけだったという。「日本人の食事摂取基準(2020年版)」は、鉄が欠乏すると貧血や運動・認知機能の低下を招くとしている。

   平成30年「国民健康・栄養調査」(厚労省)によると、20〜29歳女性の1日あたりの平均鉄摂取量は6.5ミリグラム。「食事摂取基準」にあるように、18〜29歳女性(月経あり)の鉄の摂取推奨量が10.5ミリグラムだということを考えると、不足している人も多い。

   もしも鉄を重視するなら、3.8ミリグラムを含む「牛乳で飲むココア」や「セノビー」は選択肢としてあり得そうだ。

   フリマアプリ「メルカリ」では「ミロ」240グラムの2袋セットが1000円以上の価格で販売されるなど、転売が横行している。ネスレの通販サイトによると、販売休止中の同サイズは1袋240円(税込・送料別、以下同じ)だ。

   ツイッターでは「転売ヤーから『ミロ』を買うくらいなら『牛乳で飲むココア』を買おう」と呼びかける投稿が100回以上リツイートされている。ECサイト「ロハコ」を見ると、「牛乳で飲むココア」200グラムは1袋397円で、「セノビー」180グラムは1袋864円だ。不当な高値で転売品を買う必要はないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!